H30年度 知能情報メディア実験 T-6
「コンピュータ画像処理の基礎」

○ 担 当

滝沢穂高  jikkenT6(a)pr.cs.tsukuba.ac.jp

TA  a:八板,b:福島,c:真田

○ 目 的

画像情報処理の講義に関連して,画像データの取り扱い方,画像特徴抽出のための基本的な処理,動画の処理などについ て系統的に学ぶ.

○ 実験内容とスケジュール


テーマ
場所
日程(TA担当)
実験内容
第1回
「はじめ に」と「濃淡画像からの領域抽出」
3C315
4/20(5限)abc, 25a, 27b, 5/2c,9a
デジタル画 像の構造,画像処理プログラムの例,判別基準法による2値化,ラベリング.
第2回
「カラー画 像の処理」
3C315
5/11(5限)b, 16c, 18a, 23b
ネガ変換, RGBとYCCとYSHの変換.
第3回
「テンプ レートマッチングによる探索処理」
3C315
5/25(5限)c, 30a, 6/1b, 6c, 8a, 13b, 15c, 20a
テンプレー トマッチング,物体探索.
第4回
「医用画像 の処理」,「自由課題」とレポート作成について 3C315
6/15(5限)c, 20a, 6/22b(5限), 27c, 29a, 7/4b, 6c, 11a, 13b, 18c
胸部X線 CT画像,マセマティカル・モ ルフォロジーフィルタ.レポート作成についての説明.
第5回
レポートについて
3C315
7/20(5限)a, 25b, 27c
レポート作成について説明.

各回の最初の日時(スケジュールの赤文字の日時)に課題の説明などを行いますので,3C315に集合して下さい.日程や実験内容等は変更 になることもありますので注意して下さい.

※ T-6:最初の実験日は 4月20日 5限になります. この時刻に3C315 に集合して下さい.また,あらかじめ
http://www.pr.cs.tsukuba.ac.jp/~takizawa/T6/
を印刷し,持参して下さい.


○  「資料」と「画像ファイルとプログラム( zip )」
        (注意:これらの資料,画像ファイル,プログラムを改変,配布,公開等しないこと.)

○ 期末レポートの作成について
  1. レポート提出場所および提出期限は,後日,主専攻実験担当者から連絡があるので,それに従うこと.
  2. レポート体裁について.A4版縦で作成し,枚数とフォーマットは自由とします.無駄紙,無駄なスペースを作らないように,読みやすい範囲で, きちんと 詰めて記載すること.
  3. テーマ名「主専攻実験 T-6 コンピュータ画像処理」,学生番号,氏名,提出日時を明記し,左上をきれいにステープラ(ホチキス)でとめること.
  4. 実施した4つの各課題について以下の内容をまとめて記載すること.
    1. 課題番号,課題名とその概要.
    2. 実施日(予定日ではなく,実際に実験を実施した日).
    3. 実施内容,処理手順の説明,処理結果の図や画像(カラーで印刷する必要はない)とその説明.
    4. 結果についての解釈,工夫した点,苦労した点,問題点,今後の課題や考察.
  5. 最後にこの実験 T-6 の感想を記載すること.
  6. プログラムのソースコードを添付する必要はありません.
○ 期末レポートの提出については,主専攻実験のアナウンスのページに従って下さい.


◯ 連絡事項
主専攻実験HP